必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために。

昨日は、ソーシャルメディアドライブVOL 10を大阪で開催させて頂きました。

東日本、西日本がソーシャルメディアで、Eコマースで繋がったすばらしい時間でした。

ご参加頂いた方、心から御礼申し上げます。次回は、2011年のソーシャルメディアを振り返りながら、
懇親会ではふぐ鍋を囲みながら、ソーシャルメディアドライブvol11を12月11日に開催したいと思います。

改めてご案内させていただきますが、手帳に予定を書きこんで頂ければ幸いです。
またソーシャルメディアドライブにご参加頂いた方のチャットワークも立ち上げて、
ご参加頂いた方同士の輪も広げていただければと思っていますので、

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


DSC06827.JPG

ソーシャルメディアドライブ Vol.01『USTREAMのビジネス・地域活用特集』にご参加頂いた方へ。

ソーシャルメディアドライブ Vol.01『USTREAMのビジネス・地域活用特集』にご参加頂いた方へ。
 拝啓  厳寒の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素はソーシャルメディアドライブの活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
  さて、このたびの『USTREAMのビジネス・地域活用特集』には、
 歳末のご多忙にかかわらずご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
  おかげさまをもちまして、当初の予想を上回る反響をいただきました。
 これも皆様のひとかたならぬご支援とご愛顧によるものと、心から感謝いたしております。
  『USTREAMのビジネス・地域活用特集』アーカイブ
              
  当日は混雑のため、不行き届きの点も多々ございましたでしょうが、
 何とぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。
  今後ともいっそうのご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  まずはお礼かたがたごあいさつ申し上げます。
  ソーシャルメディアドライブ
                敬具

本当に必要なソーシャルメディアは「人」と「人」の間にある!

   いま、本当に必要なソーシャルメディアは「人」と「人」の間にあると信じています。
   今、社会が混沌とした中にあり、
   我々が日々生活を営んでいくなかで多くの事に迷い、
   暗い話題が多くなっていて、
   経済も停滞し、
   大人もうつむきがちで、
   子供たちも夢を語れない時代になっています。
   世界では、62億人がいて8億人が飢餓に苦しみ、
   5秒に一人の子供たちが飢餓で亡くなっているのが現状です。
   そんな中、日本は食べるものが豊富にあって、
   しかも多くの方がテレビもパソコンもケータイも持っています。
   でも年間3万人以上の方が自ら生命を絶っています。
   考えてみましょ。
   もっと人と人がつながるような社会になるように
   ソーシャルメディアが軸になってくればと思っています。
   ソーシャルメディアドライブは、ソーシャルメディアを研究普及促進して、
   コミュニケーションを進化させて、人々の生活を豊かにするステージを目指したいと思います。
   今私達大人がしなけばいけないのは、
   現状を正しく知ること。
   ほんの少しだけ誰かのために何かをすること。
   今を一生懸命に生きることだと思います。
   そして、子供たちの世代に生きることは楽しいし、
   大人になること、夢をみて夢を叶えることが素晴らしいことだと
   伝えなければならないと思います。
   子供たちの未来が輝き明るいものになるために、
   私たち大人は、あるべきだと信じています。
   ソーシャルメディアドライブは、来年も進化続けます。
logo1.jpg