節分と睡眠の関係。


冬と春の季節を分ける日 『節分』。
このころの睡眠には、気をつけることが大事です。

冬限定のうつ病である冬季うつ病(SAD)というものがあります。
冬季うつ病とは「季節性感情障害」(季節性うつ病・冬鬱病・冬季うつ病)の一つです。

冬になると、なんだか気分がのらない、暗い気分になる。
よく眠るようになったり、ついつい食べ過ぎてしまう。
冬の日照不足→うつ気分、過眠、過食
日照時間が短くなることで、
睡眠ホルモン・メラトニンの分泌のタイミングが狂い、
体内時計が狂ってしまう。
安らぎホルモン・セロトニンの分泌量が減り、
ホルモンバランスが崩れ、総合的に心身に影響を出ます。

睡眠についてですが、
基本的にうつ病にかかると
「夜なかなか寝つけない」「朝早く目が覚めてしまう」
などといった不眠の症状が出てきます。

寒くて布団から出れないのは、冬季うつ病ではないですよ。

冬に眠りすぎてしまうのは
『冬季うつ病』のせいかもしれません。

冬季うつ病の場合、不眠ではなく
「過眠」の傾向が現れます。
*「過眠」と「過眠症」は別物です。

定期的に運動を心がけ、昼間に十分日光を浴びてください。
体内時計の乱れは、睡眠と覚醒という
生活のリズムの乱れにつながります。

MK3_4010