インフルエンザ対策は、快適な眠りから。


上質な睡眠は、インフルエンザの予防と治療にとても大事です。

適切な睡眠や食生活によって体力をつけ、
体の免疫力を高めことも、インフルエンザの予防に繋がります。

予防接種以上に大切にしていただきたいことがあります。
それは、「睡眠を充分にとって、免疫力を低下させないこと。」

インフルエンザの感染力は非常に強く、
日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。
インフルエンザは流行性があります。

インフルエンザの予防対策として、免疫力を高める食事に加えて、気持ちの良い快眠が組み合わされば鬼に金棒です。

また睡眠の役割の1つがからだの疲れをとることですので、
日中にからだを動かすことは快眠につながります。

インフルエンザの感染を広げないために、
一人一人が 「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。

上質な睡眠は、インフルエンザの予防と治療にとても大事です。

上質な睡眠は、インフルエンザの予防と治療にとても大事です。