スポーツと睡眠の関係。

成人の95%が最大限機能するためには、毎晩7〜9時間の睡眠が必要だと考えています。
毎日の睡眠が7時間以下になると、精神的、身体的なパフォーマンスが低下します。
もっとも、子どもや10代の若者、年配者は、もっと多くの睡眠時間が必要となります。

2つの睡眠フェーズがあります。
ノンレム睡眠(深い眠りとして知られる)
レム睡眠(急速眼球運動睡眠)
ノンレム睡眠フェーズは、体の回復と再生にとって非常に重要です。
ノンレム睡眠の間に、下垂体から成長ホルモンが放出され、
細胞の成長や筋肉の修復が促されます。

体の免疫システムもこのフェーズで修復されると考えています。
ノンレム睡眠はアスリートにとって特に重要なものです。
大会後は、睡眠リズムを整えることが大事です。

ノンレム睡眠は体の回復に必要なものであり、
レム睡眠は精神の回復に必要なものです。

良い睡眠習慣が体の疲労回復に効果的ですよ。