眠れる体作りが、快眠の秘訣。

気分のよい目覚めで毎日を快適に御過ごしですか?

特に今の時期は、眠りが浅くなりがちです。
夏の眠り対策をキッチリして、夏バテにご注意ください。

そのためには、毎日のストレッチが有効です。
少ない時間でも継続して行う事が大事です。

寝つきの悪さや寝入ってもすぐに目覚めるといった方には、
特におススメです。

睡眠には1日の体温の変化が大きくかかわっており、
体温を上手にコントロールです。

疲れが寝ても取りきれず、
夏バテの原因になりやすいので
身体のメンテナンスこそが快眠への近道です。

眠る前の少しの時間でもいいので、
お試しくださいね。

MK3_4054

ぐっすり眠る!夏の快眠方法

暑い夏の睡眠しっかり取れていますか?

夏になると寝苦しくなるのは、
睡眠と体温には深い関係があります。

夏にうまく睡眠をとるためには、
どんな対策をとればいいのでしょうか。

快眠するための寝室環境を整えるために、
ベッドや布団、枕などの寝具や
照明などのアイテム選びはとても大切です。

夏の夜の「快眠」を手に入れるために参考にしてみてください♪

1、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる
2、寝具によって湿度を下げる
3、手足を涼しく
4、眠りやすい照明
5、無理に眠ろうとしない

ずっと夜中、クーラーをつけっ放しにすると、
冷えすぎて快眠できませんので注意が必要です。

そして暑い夏を乗り切るためには、
しっかり食べて、ぐっすり睡眠をとることが必要です

MK3_4310

夏に快眠ができないたった一つの理由。

夏は暑さや高い湿度で、放熱しにくくなってしまいます。

寝付きを良くするためには、
手足や皮膚から放熱して
体の中心部の温度(深部体温)を下げることが大切です。

我慢せずにエアコンを活用することも大事です。

人間の深部体温は、夕方が最も高く、
深夜から明け方にかけて1~2℃下がります。

この特徴を理解して、眠りをコントロールすることが夏の快眠のコツ。

MK3_3941

「朝までぐっすり眠る!夏の快眠方法」

晴れて暑くなりそうな大阪です。

寝苦しい夜…もう目覚めない「朝までぐっすり眠る」ために、
頭寒足熱
湿度を上手にコントロール。
扇風機は壁に当てること。
ほんの少しの工夫で夏の寝苦しさから解放されます。

真夏の夜は気温と湿度が高いため、思うように体温は下がってくれません。

夏の快眠!夏ばて予防に!
エアコンや扇風機を上手に使って室内の環境を整え、
涼しいけれど冷えすぎない機能的寝具も活用して、ぐっすり眠れる環境を整えましょう。

そして、快眠するための寝室環境を整えるために、
ベッドや布団、枕などの寝具や照明などのアイテム選びはとても大切です。

MK3_3860

【夏の快眠のために!】正しい入浴法を意識すれば、暑苦しい夜を心地よく!

暑い日が続いていますが、ぐっすり眠れていますか?

暑い日は湯船に浸からず、
シャワーだけで済ませてしまう人は多いと思います。

ぐっすり眠れるお風呂の温度は、
お湯の温度は36~38℃。

そして、入浴後はゆっくり過ごすのが大事なポイントです。
夏の正しい入浴法と入浴後の過ごし方で眠りの深さがきまります。

入浴剤なども効果的です。

MK3_4463